日本の年功序列制度について (关于日本的资历序列制度)

日本の年功序列制度について (关于日本的资历序列制度)

 日本の年功序列制度について (关于日本的资历序列制度)
 要旨:本稿では、社会が発展するにつれて、日本企業独特の年功序列制度もどんどん変わってきている。このような独特な日本企業制度が続いているかどうか、そしてその経験から何を学ぶか。年功序列制度からの起源、発展、利害を総合的に分析して、検討していく。
キーワード:終身雇用;年功序列;発展;改革

一、はじめに
(一)年功序列制度とは
年功序列制度は、日本企業の伝統的な給料制度でもある。従業员の基本的な賃金は、従業員本人の年齢や企業で働く時間の成長をともに毎年増加していく。すなわち、企業が自ら規定の手順表に一定の序列の給料を増加する。だから年功序列賃金制とも呼ばれる。年功序列制度と終身雇用制度は鳥の両翼のよになって日本の企業の特徴になっている。
(二)年功序列制度の形成原因
日本の企業が終身雇用制度とるのは歴史と文化の面がある。日本の封建社会の時代には、「家」や家族の血縁関係を基礎として、武士は領主に忠誠する。この忠誠は江戸時代になってすでに日本社会の伝統文化になり、忠誠心は現代社会の企業にとっても重要である。そのため、日本の現在の終身雇用制度は、実は江戸時代以来の日本文化の延長と発展であり、現代版の武士が領主に対する忠誠と道義とも言える。
過去には、多くの日本人は生活の村の共同体の中でいる。しかし、資本主義経済の発展は、多くの人は工場や企業の中でいる。このように、これによって精神を失ったものの日本人が、新たな精神の委託した。企業の経営者はこのような心理を利用して、企業の中で「家」に似た環境を作り、従業員の集団意識を育む。このように、日本の企業は大きな共同体となっており、この集団の存在を維持するためには企業が従業員の身分を保障する必要があり、このように終身雇用制度が生まれた。経済面から見て、日本の明治維新と西洋の工業化に発展し、各分野推進西方の新技術を持って、しかし知識の技術の人材不足のために、建造1本の長期安定のチーム、人材の流出を防ぐために、終身雇用制を採用して、従業員の生産力を刺激するため、発展を促し、絶えず向上の給与、ボーナス。これは年功序列制度の初期だった。
二、年功序列制度の発展
(一)年功序列制度の確立期  
年功序列制度の確立期は戦後の初期から五十年代末までである。
確立期の年功序列とは、「年」を功の時期。つまり、年齢と勤続年数の増加を直接に給料や資格の向上になる。それは、戦前日本の給与体係の続きと完備、は戦後初期の日本社会状況が決定する。戦後の初期、人民の生活は苦しい、実現すれば、欧米式の能力主義」の給与体係、いくつかの弱者は生きられない。従業員基本の衣食を確保するために、逐次実行した企業は深刻な画一主義傾向の年功制だ。それによって社員チームの安定を維持し、企業発展に十分な労働力を提供する重要な役割を果たした。会社に入ったばかりの若い社員個人消費が低く、従業員の年齢につれて成長、結婚出産、その後子女の教育など、支出を引き上げ、給与所得の向上にも対応する。
(二)年功序列制度の最盛期  
年功序列制度の最盛期は世纪の六十年代から七十年代半ばまでである。
機能の給与体係、「年」と「功」を組み合わせ、功を決める給料齢と功績になる。従業員を分け普通の従業员、主事、主管などの異なるレベルとして、各職務完成別の目標は、賃金とリンクする。従業員の能力を重視し始めまったが、年功はやはり給料の重要な部分を決めて、等級の参照はやはり年功によって決定したのだ。この制度は、この時期の最大の発揮した作用を促進し、日本経済の発展と呼ばれるので、最盛期である。
(三)年功序列制度の衰退期   
年功序列制度の衰退期は20纪の七十年代半ばから九十年代初までである。
20世纪の七十年代の石油危機に深刻に伴う、日本経済は安定期に入って、企業から大量の新入社員の停止、ベテランはだんだん多くなって、企業を提供できない持ち場を指導してそして昇給、企業にもたらす負担が多くなった。企業を取らざるを得ない「減量経営」という方式なので、年功序列賃金制はもはや適用されない、そして徐々に賃金製の機能に代した。特に日本企業八十年代に入ってから社員の仕事意欲を引き出し、従業員の潜在力を引き出すために、年功序列賃金制を順次廃止し、多数の職能給を目指し、採用した。
目     录

要旨 1
キーワード 1
一、はじめに 1
(一)年功序列制度とは 1
(二)年功序列制度の形成原因 1
二、年功序列制度の発展 2
(一)年功序列制度の確立期 2
(二)年功序列制度の最盛期 2
(三)年功序列制度の衰退期 2
(四)年功序列制度の崩壊期 3
三、年功序列制度の特徴や利害 3
四、年功序列制度の改革 4
五、おわりに 5
六、参考文献 5

参考文献
[1]岩田龍子.「現代日本の経営風土』[ M ] .日本経済新聞社。1978
[2]張節風.抜け出し不況――1990-2006年の日本経済[ M ] .社会科学文献出版社。1988
[3]李国庆.日本社会——構造特性と変遷軌跡[ M ] .高等教育出版社. 1989
[4]朴慧琳.日本の終身雇用制と年功序列制の分析の「D」と. 2012
[5]邢雪燕.論日本年功序列制の歴史の変遷を「A」。日本学フォーラム1008-1593(2007)03-0017-05
 

暂时没有评论

真实

多重认证,精挑细选的优质资源 优质老师。

安全

诚实交易,诚信为本。

保密

所有交易信息,都为您保密。

专业

10年专业经验,10年来帮助无数学子。